赤穂城断絶 (1978)

日本人にとって民族の大ロマンとして語り継がれ、小説、演劇、映画など多くのジャンルで数々の名作を生んできた“忠臣蔵”の25回目の映画化。原作・脚本は高田宏治、監督は深作欣二、撮影監督は宮島義勇、撮影は仲沢半次郎がそれぞれを担当している。

監督: 深作欣二
出演:萬屋錦之介、島英津夫、藤岡琢也、峰岸徹、千葉真一、近藤正臣、森田健作、遠藤太津朗、寺田農、藤巻潤、織本順吉、西郷輝彦、丹波哲郎、金子信雄、茂山千五郎、田村亮、芦田伸介、渡瀬恒彦、曽根晴美、壬生新太郎、三田佳子、中原早苗、岡田茉莉子、松方弘樹、三船敏郎

赤穂城断絶 (1978)のストーリー

元禄十四年三月十四日早駕篭が“浅野内匠頭長矩(西郷輝彦)は、吉良上野介(金子信雄)に対し、場所がらもわきまえず、刃傷に及び不届につき、即刻切腹なり”の報を持って赤穂に向かった。三月十九日、赤穂に入ったお家断絶、ご領地お召し上げの報に、即刻城中で大評定が行なわれ、篭城、殉死、仇討、解散と話は続いた。そして大石内蔵助( 萬屋錦之介)は、お家最後の評定に集まった家臣の者から覚悟の上の誓紙血判を集め、時節到来まで隠忍自重することを約し、ひとまず開城のむねを発表する。六月二十四日、亡君百ケ日の法要を営んだ大石は翌二十五日、一介の素浪人として山科へ立った。表向きは遊興三昧に明け暮れつつも、大石の画策は続いていた。また江戸へ散った浪士たちは、それぞれ吉良の動きをさぐろうと、飛び廻った。元禄十五年二月中旬、亡君一周忌を済ませた大石は、妻子と別れ、十六歳の長男のみを元服させ主税とし、手元に置く。そして同年十月七日、大石は江戸へ発ち、仇討決行への第一歩を踏み出した。十月二十三日には鎌倉に、十月二十六日には川崎平間村に、そして十一月五日、日本橋石町三丁目、小山屋弥衛方に大石父子は偽名を使って討入当日まで滞在した。同年十二月十四日、赤穂浪士四十七名は、敵吉良邸へ討入る。一同は、上野介を炭小屋で発見、ただちに首を打ち落し、吉良邸を引き上げた。一同は泉岳寺に入り、浅野内匠頭長矩の墓前で礼拝した後、細川、毛利、久松、水野家のそれぞれ大名家へ、お預けの身となった。元禄十六年二月四日、一同それぞれお預け大名邸にて切腹。尚吉良家一統このたびの仕方不届につき、領地召し上げ、お家断絶。この知らせを聞いた一同の顔に感動の涙が伝わり落ちた。そして浪士全員作法通り立派に死んでいった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 魔界転生 (1981)

  2. 仁義なき戦い 広島死闘篇 (1973)

  3. ドーベルマン刑事 (1977)

  4. 柳生一族の陰謀 (1978)

  5. カミカゼ野郎 真昼の決斗 (1966)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。