魔界転生 (1981)

天草四郎を中心に、細川ガラシャ夫人、宮本武蔵などが現世で果たせなかった夢、願望を満たすため黄泉の国から甦り徳川幕府をおびやかす。山田風太郎の原作の映画化で、脚本は野上龍雄、石川孝人、深作欣二の共同執筆、監督は深作欣二、撮影は長谷川清がそれぞれ担当。

監督: 深作欣二
出演:千葉真一、沢田研二、佳那晃子、緒方拳、室田日出男、真田広之、松橋登、成田三樹夫、内田朝雄、鈴木瑞穂、浜村純、三谷昇、神崎愛、丹波哲郎、若山富三郎、古川京子

魔界転生 (1981)のストーリー

寛永十五年、徳川幕府のキリスト教弾圧に端を発した島原の乱は、天草四郎時貞(沢田研二)を中心に、二万人近い信者が惨殺された。その夜、四郎の首は雷鳴とともに甦った。怨みをはらそうとする四郎は、やはり、生前に裏切られたり夢を果たせなかった人々を集めて、幕府に復讐を企てた。細川ガラシャ夫人( 佳那晃子 )、宮本武蔵( 緒方拳 )、宝蔵院胤舜( 室田日出男 )、伊賀の霧丸(真田広之)、柳生但馬守宗矩(若山富三郎)たちが集まった。

頻繁に起る不思議な事件を、柳生十兵衛(千葉真一)は魔界から甦った化者たちの仕業とつきとめた。ガラシャは四代将軍家綱(松橋登)に接近し、お玉の方に扮して大奥に入ることに成功する。家綱はお玉の方の体に溺れ、次第に狂気じみていった。霧丸は若い少女と恋仲になり、悪に徹しきれず、脱走を図った。しかし、四郎はそんな霧丸を斬り殺してしまう。危機の迫っていることを悟った十兵衛は、おつうを養女にして山中に暮す刀匠、村正(丹波哲郎)に魔物を斬れる妖刀の製作を依頼する。十兵衛はおつうの前で武蔵を斬り倒した。一方、江戸城はお玉と家鋼の部屋から出火した火に包まれていた。燃えさかる炎の中で、十兵衛は父、但馬守を激戦の末、斬り倒し、そして天草四郎と向い合った。顔、体に魔よけの文字を書いた十兵衛は四郎の首をはねた。四郎は自分の首を脇にかかえ、人間のいるかぎり、復讐を続けると炎の中に消えていった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 柳生一族の陰謀 (1978)

  2. 赤穂城断絶 (1978)

  3. カミカゼ野郎 真昼の決斗 (1966)

  4. ドーベルマン刑事 (1977)

  5. 仁義なき戦い 広島死闘篇 (1973)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。