ボディガード牙 (1973)

全身に凶器をつけたような“神の手・牙”が、世界中の暴力組織が暗躍する東京で、マフィア相手に大暴れするアクション映画。原作は梶原一騎・作、中城健・画の同名劇画、脚本は中西隆三、監督は鷹森立一、撮影も同作の中島芳男がそれぞれ担当。

監督: 鷹森立一
出演:千葉真一、渥美マリ、内田良平、伊達三郎、山本麟一、郷英治、渡辺やよい、大山倍達、安岡力也

ボディガード牙 (1973)のストーリー

アメリカ各地での空手修業を終えて帰国の途についた牙直人(千葉真一)は、乗り合せた飛行機でハイジャックに遭遇した。だが一瞬のうちにゲリラを倒した牙は記者会見の席上、ボディガード業の設立を公表した。翌日から牙は、空手初段のマキ(渡辺やよい)を秘書にボディガード会社「神の手機関」をオープンした、最初の客は、美輪伶子( 渥美マリ )と名乗る美貌の女だった。契約を交す僅かの間、部屋を離れたマキが何者かに襲われた。全裸にされて倒れていたマキの膚に「コーザ・ノストラ」と血文字が書かれていた。マフィアだ! 牙は不気味な伶子の背景からの挑戦に意欲満々となった。伶子はホステスからニューヨークのマフィアのボスの情婦となったが、そのボスはイエローマフィアとの抗争で死亡したために、ボスの麻薬ルートを握っている伶子がイエローマフィアに狙われているのだった。伶子は、密輸ルート--ベトナム戦死兵の死体に詰める--で日本へ運ばれて来た麻薬を、貿易商社々長、海老名(伊達三郎)と同社専務鷹見(内田良平)に売りつけ、現金にしようとした。だが、五億円もの麻薬を目の前にした鷹見は一人じめにすべく海老名を殺害した。牙と伶子はその場から危うく逃げのびたが、マフィアの手先が次々と二人に襲いかかる。その度に、牙の素早い手刀が、鋭い蹴りがマシンガンを上廻り、暴れまくった。一方、勝目がないと悟った鷹見は三人兄弟の殺し屋、猛、徹、茂と結託した。猛らは牙に迫り激しい死闘となった。牙は一度も試みたことのない秘技三段蹴りで応戦、彼のスピードと破壊力のある空手が勝り、猛の首に、徹の頭に、茂の腹に作裂した。だが、その時伶子は、鷹見の拳銃に見舞われ、白い粉末とともに宙に散った……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 冒険者カミカゼ (1981)

  2. やくざ刑事 俺たちに墓はない (1971)

  3. 狼やくざ 殺しは俺がやる (1972)

  4. やくざ刑事 恐怖の毒ガス (1971)

  5. ボディガード牙 必殺三角飛び (1973)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。