日本暗殺秘録 (1969)

鈴木正の原作(原書房刊)を笠原和夫と中島貞夫が共同で脚色し、中島 貞夫が監督した明治・大正・昭和の暗殺ドラマ、撮影は吉田貞次。

監督: 中島 貞夫
出演:若山富三郎、唐十郎、菅原文太、千葉真一、片岡千恵蔵、三益愛子、小池朝雄、

日本暗殺秘録 (1969)のストーリー

○桜田門外の変 万延元年三月三日、薩摩浪士有村次左衛門ら十八名が江戸城桜田門外に大老井伊直弼を襲い暗殺。○大久保暗殺事件 明治十一年五月十四日東京麹町にて、島田一郎他五名が参議内務卿大久保利通を暗殺。

○大隈暗殺事件 明治二十二年十月十八日、外務省正門前にて、玄洋社社員来島恒喜が投弾、外務大臣大隈重信は右脚爆砕後切断、来島は自殺。

○星亨暗殺事件 明治三十四年六月二十一日、東京市役所にて心形刀流師範伊庭想太郎が東京市会参事星亨を暗殺。○安田暗殺事件 大正十年九月二十八日大磯にて神州義団主幹朝日平吾が安田財閥当主安田善次郎を暗殺。

○ギロチン社事件 大正十二年九月十日、テロリスト集団ギロチン社社員古田大次郎が摂政官暗殺を計画、資金獲得のため銀行員を殺し死刑。

○血盟団事件 日蓮宗行者井上日召を中心として結集した一団の民間青年と大学生たちは、国政改革を叫んで一人一殺のテロを計画、革命を志して上京した小沼正は日召に従い、昭和七年二月九日本郷駒込小学校演説会場で井上準之助前蔵相を暗殺、同年三月五日三井銀行本店正面玄関で団琢磨三井合名理事長が菱沼五郎により暗殺された。

○二・二六事件 昭和十一年二月二十六日早朝、一部青年将校を先頭に兵員民間人あわせて千四百八十三名が首相官邸をはじめとした重臣たちの私邸を襲撃した。が、数日を待たず鎮圧された。襲撃を受けて死んだ者九名。決死部隊死刑十七名、自決した者二名だった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日本の仁義 (1977)

  2. やくざ戦争 日本の首領 (1977)

  3. 東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯 (1973)

  4. 沖縄やくざ戦争 (1976)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。